リターン使用量

一目でわかるメリット

  • 平均で20%の暖房費削減を実現
  • 最大発熱量のメリット
  • 油圧セパレーター、ディストリビューター、ポンプを最低1台保存。
  • コンデンシングボイラーの長寿命化

コンデンシングボイラーの熱は、直接ラジエーターや床暖房には流れず、まず分配器と混合器を通って流れます。車のエンジンのパワーも、ギアボックスやタイヤを通して、まず路面に乗せなければ、その恩恵は受けられないのとよく似ています。

rendeMIXは私たちに何をもたらしてくれるのでしょうか。

年間節約額は、エネルギー価格に応じて増加します

石油やガスの価格はここ数年、強く変動しています。しかし、暖房器具の寿命が延びると、それらは上昇します。年間平均で少なくとも5%。  

8,423kmのCO2削減-毎年

レンディミックスで節約できるCO2排出量は年間約800kgで、5年に一度、家族が地球を一周しても、1℃も暖房を犠牲にする必要はありません。(EUの2020年CO2目標値:95g/km)

リターン利用の仕組みは?

なぜなら レンドミックス は、ラジエーターの還流を床暖房の流れにすることで、コンデンシングボイラーへの水の還流をより低温にします。還水の温度が低いと凝縮水が多くなり、排ガスの熱が暖房水に多く入るため、暖房水を通して レンドミックス ガスやオイルの使用量を減らすことができます。もちろん レンドミックス また、異なるシステム温度で動作する他の暖房アプリケーション(例:エアヒーター/ラジエーター、放射天井パネル/ラジエーター、温水タンク/エリアヒーティング...など)と組み合わせることができます。最初の加熱回路の戻り流は、戻り流が機能するために混合回路の流れより必ずしも高温である必要はない。拡大鏡で見ると、ラジエーターからの温水がフロア回路のフローに使われていることがわかります。必要な場合 レンドミックス お湯や水を混ぜて、お好みの温度にします。ラジエーターやフロアサーキットを単独で操作することも、機能的な範囲として レンドミックス .

映像では、私たちの姿を見ることができます。 rMix 2×4 非混合加熱回路(H)と混合加熱回路(M)を結合するための混合マニホールド(還流利用を含む)として使用されます。 rMix 2×4+ 2つの暖房回路が混在している場合に使用可能)。混合器は、主に第1非混合加熱回路(H)からの戻り水を第2混合加熱回路(M)の流水として使用します。その結果、リターンフローを効率的に利用することができます。温度が低すぎる場合は、ボイラーフローから一定量の温水を追加します。高すぎる場合は、ミックス回路の戻り水から冷水を追加します。2つの回路の流量が不均等な場合、油圧セパレーターと同様に統合されたバイパスを介して圧力均一化が行われ、システムは油圧的に切り離されます。加熱回路の戻りと混合回路の流れの間の温度の広がりが小さいほど、ミキサーが対応する温度を達成するために加えるべき量が少なくなります。これにより、循環している熱量が還流としてボイラーに供給される前に全て利用され、凝縮ボイラーへの還流温度が大幅に低減されるのである。その結果、発熱量の恩恵を最大限に受けることができる。

他にメリットはありますか?

投資コストの削減、ボイラー稼働回数の減少

レンディミックスでは、センサーやコントローラーモジュールを含む油圧セパレーターと、ラジエーターポンプを廃止しています。混合回路に系統分離があるシステムでは、rMIX 2×4ジェットを使用することで、系統分離の上流にもう1台ポンプを設置する必要がありません。そのため、最初の瞬間からお金を節約することができます。また、消費電力が少なく、ボイラーの起動回数も少なくなります。これ以上のメリットはない!

コンデンシングボイラーの寿命が長く、メンテナンスが少なくて済む

rendeMIXの熱分配システムは、コールドリターンによってコンデンシングボイラーの恩恵を高いレベルで受けることができるようになります。これは、暖房費の低減だけでなく、メンテナンスの軽減や長寿命化にもつながります。これは、ボイラー内のコールドリターンで結露水が多く発生し、熱交換器を常に洗浄するためである。これにより、頑固な沈殿物やその影響を未然に防ぐことができます。

お客様の声

バッファータンクをクリアゾーンに分割し、太陽電池の収率を高めることができるレンディミックスに信頼を寄せています。また、油圧の付属品も不要になり、ボイラーの運転時間と効率が向上します。バウナック社は地域密着型のメーカーでもある。

マーティング ベコム
Fridtjof Werden GmbH、マスターヒーティングエンジニア

10年近く前から、お客様の家にバウナック製品を導入することを妊娠していましたが、3年前に意を決して実行に移しました。製品は「ストレートA」。もっと早く体験しておけばよかったと後悔しています。

ユルゲン・ツェラー
ツェラー社 代表取締役社長

ディストリビューターを使用した従来のアセンブリに比べ、取り付けが簡単で迅速な高効率のアセンブリです。仮に他のメリットをすべて見送ったとしても、標準的なアセンブリよりも取り付けが簡単だと思います。システムが提供する高効率をタダで手に入れることができるんです。だから、毎回rendeMIXを使っているんです。

ヨルグ・デ・ヨング
SEDEJO社

まだご質問はありますか?私たちは、喜んでお手伝いさせていただきます

バウナック